田上 泰助
TAISUKE TAGAMI



増量法指導者。元・プロレスラー。

右側の写真は高校1年生のころ。
当時身長166センチ、体重50キロ。
引越作業のアルバイトでは家具を持つことすらできず、
「非力な田上君」と呼ばれる。

高校卒業後、169センチ、
55キロの、運動経験がほとんどない貧弱・非力なカラダで「プロレスラーになる」という、誰が聞いても「無謀な決意」を固める。

周囲から「気は確かか?」と思われながらも、
基礎体力トレーニング、ウェイトトレーニング、
そして「食べるトレーニング」でカラダを作り、体重を75キロまでもっていく。

1994年、
“運よく”IWA・JAPANプロレス入団。

同年12月、
田尻義博(現・TAJIRI)戦でデビュー。

その後、大日本プロレスを経てフリーランスに。

近年はレスラー業を中断し、新たな分野に参入。

10か月で20キロ増量させた自らの経験を活かし、
「食べてもなかなか太れない人」に向けて、体重増加のノウハウを伝授している。